FC2ブログ

姫路市の武術教室 『姫路実践武術研究会 小田道場』 ブログ

兵庫県姫路市で、中国伝統武術 (カンフー) や護身術を指導しています。 新規会員随時募集中 体験コースあり

<< 2014-08- | ARCHIVE-SELECT | 2014-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
用語集

姫路実践武術研究会 小田道場
代表:小田 寛人

HP:https://www.himeji-odadojo.com/


ご質問、体験コース、セミナーのお申し込みはこちらから

↓各ランキングに参加しております。少しでもお役に立ちましたら、クリックして下さい↓ にほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

カンフー&太極拳 オンラインストア
56.jpg

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

螳螂拳の劈拳の用法動画 YouTubeにアップしました 姫路実践武術研究会 小田道場

みなさん今晩は、小田道場の小田です。
中国伝統武術 螳螂拳の劈拳の用法です。
是非ご覧下さい。


スポンサーサイト
用語集

姫路実践武術研究会 小田道場
代表:小田 寛人

HP:https://www.himeji-odadojo.com/


ご質問、体験コース、セミナーのお申し込みはこちらから

↓各ランキングに参加しております。少しでもお役に立ちましたら、クリックして下さい↓ にほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

カンフー&太極拳 オンラインストア
56.jpg

| 螳螂拳 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

小田道場 螳螂拳教室 收勢の用法|兵庫県姫路市のカンフー&護身術

みなさん今晩は小田道場の小田です、教室練習について書いてみます。
アップ&圧腿を入念に行った後踢腿、架式を済ませ、收勢の用法を練習しました。
收勢は套路の一番最後に行う動作で、以前老師に教えて頂いたものを思い出ししっかり練習しました。
最初は相手に飛び込みながら受けるので恐怖感がありますが、手で避けてから入り身すると上手くいきます。
受けた手で相手の面を打つのですが、受けられたら腰を押さえ崩して投げます。
もう一方の手で打ってくれば受けて相手を拘束し、空いているほうの手で打つことが出来ます。
この日は螳螂手をしっかりと細かい所まで指導したので、覚えてくれたかな?
その後は出稽古の復習に当て、忘れないようにしました。
用語集

姫路実践武術研究会 小田道場
代表:小田 寛人

HP:https://www.himeji-odadojo.com/


ご質問、体験コース、セミナーのお申し込みはこちらから

↓各ランキングに参加しております。少しでもお役に立ちましたら、クリックして下さい↓ にほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

カンフー&太極拳 オンラインストア
56.jpg

| 螳螂拳 | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

小田道場 棍の基本功と基本等路|姫路 カンフー 護身術

みなさんこんばんは小田道場の小田です、今日は3連休の最終日でした。
昼間に練習したのですが、とてもいいお天気でかなり低空で鳶が飛んでいました。
さて今日の練習について書いてみます。

棍の基本功
次の点に気をつけて行いました。

・体に沿って行う
・最初は10回1セットから始め、慣れたら20回のセットで行い、セットの間は少しあける
・呼吸と連動して行う

架式の後は、久々に基本套路をやりました。
螳螂手で馬歩になる時に、重心が膝よりになるので、ソンクワを意識して行う必要があると感じました。
次回の課題としましょう。
用語集

姫路実践武術研究会 小田道場
代表:小田 寛人

HP:https://www.himeji-odadojo.com/


ご質問、体験コース、セミナーのお申し込みはこちらから

↓各ランキングに参加しております。少しでもお役に立ちましたら、クリックして下さい↓ にほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

カンフー&太極拳 オンラインストア
56.jpg

| 螳螂拳 | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

相手より早く動く 姫路市市民講座 小田道場|護身術 ダイエット

みなさんこんばんは小田道場の小田です、先週の出稽古について書いてみます。
武術の練習をしている時は当然、拳を握ったり、殴ったりまた構えますが、あくまで自然に動けるようにしなければいけません。
私たちが普段歩いたり、食器棚から食器を取る時と同じように自然に出来ることが理想ですね。
やはり殺気を伴っては相手に察知されますし、変にブレーキがかかり威力も半減します。
やってやろうと思うと、自分で制限をかけてしまうようです。
その自然な動きがどれだけ力が出るか体験できるいい練習法を教えていただきました。
パンチのディフェンスの練習では、まず足を止めて攻守分かれて攻撃側が1発ずつ打ちます。
防御側が受けたら次の攻撃までに間を空けます。
攻撃側が立て続けに打ってしまうと、いい練習にはなりません。
あくまでも攻撃側は練習台で、相手の練習になるように気を配らなくてはいけません。
私は詠春拳の受け方で受けました、これって本当に便利なんです。
慣れてくると攻撃側が防御側の反撃に合わしカウンターを取る練習もします。
次に攻撃側はフットワークを使い打ってくるので、なかなか難しくなります。
また攻撃側のタイミングをずらす方法も、教えて頂きました。
用語集

姫路実践武術研究会 小田道場
代表:小田 寛人

HP:https://www.himeji-odadojo.com/


ご質問、体験コース、セミナーのお申し込みはこちらから

↓各ランキングに参加しております。少しでもお役に立ちましたら、クリックして下さい↓ にほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ

カンフー&太極拳 オンラインストア
56.jpg

| 中国武術 | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。